熊本 楽天サイト運営 ホームページ制作に関するブログ|クローバーグラフィック

【楽天】転換率アップ 売上トップ5を極める その3 改善実施(レビュー編)

ringpillow-review

 

 

売上トップ5の全体の流れ

前回は、②の商品販売状況の確認をご紹介しました。
今回は改善実施(レビュー編)を説明していきます。

①売上トップ5商品をリストアップ

②それぞれの商品販売状況を確認する
(アクセス数・転換率・ページの質・レビュー数・商品価格・検索順位)

改善実施 ←今回ここを解説

④(2週間経過後)全体転換率・トップ5商品販売状況(アクセス数・転換率)確認

 

レビューから学ぶ

ring-review4
改善する商品ページを開き、レビューを見る をクリック

ringpillow-review
こんな画面が見えますね。

レビューを見る順番は☆が低い順でも高い順でもかまいません。自由に見てください。
わたしが見ていて感じるのは、☆が高いレビューには 自分でも気づかなかった表現・アイデア
含まれていることが多く ☆が低いレビューには もっとこうすればいいのに という商品に対する不満・要望
含まれていることが多いです。

 

レビューからキャッチコピーを学ぶ

ring-review3

 

上画像は、実際にお客様からいただいたレビューです。

レビューには必ずタイトルが書かれています。

上のレビューですと【ナチュラル好きな方に!】です。

商品を出したときには、ナチュラル好き というキャッチコピーは

思いつきませんでした。

 

ring-review2

 

こんなレビューもいただきました。

【可愛いさと便利さを叶えてくれるピロー】

なんて素敵な言葉なのでしょう! その理由もレビュー本文に丁寧にちりばめられています。

 

このようにレビューから、素敵なキャッチコピーをゲットすることができます。

キャッチコピーを商品ページの紹介文や画像に追加すれば、さらにお客様が共感していただける

商品ページづくりができますね。

 

レビューから商品・サービス改善

さて、続いてレビューから商品自体やサービスを改善する例をご紹介します。

 

review-bad

 

こちらのレビューは点数が悪いです。 何が悪いのでしょうか。見てみましょう。

revew-bad2

 

上のレビューでは、商品を固定するための針金や糸のような物がついていない とあります。 商品自体に元々ついていないのですが

サービスでワイヤーを入れるとよいサービスになりますね。

 

 

まとめ

レビューで改善する方法を2つご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

今回のレビューで学ぶポイントは

・レビューのタイトルからキャッチコピーを学ぶ

・レビューから商品・サービスを改善する

でした。

 

まだまだ他にもレビューから学ぶことは多いので毎日レビューを見てご自身で

改善の糸口を探してみましょう。

 

 

▼コチラの画像をクリックしていただくと当社ホームページに簡単にアクセスしていただけます!

05

コメントを残す