熊本 楽天サイト運営 ホームページ制作に関するブログ|クローバーグラフィック

楽天みんなのレビュー改定

店舗の皆さんは、すでにご承知だと思いますがレビューおまけなどのキャンペーンが中止になりました。

2016年1月から楽天側からレビューに対しての見回りも開始されるようです。

何が駄目なの?

<付与することを禁止する特典(例)>
今回の注文の値引きや送料無料等は、一律禁止といたします。

×:今回の注文を送料無料にすること
×:今回の注文を値引きすること ※金額修正による値引きも不可
×:今回の注文のキャッシュバックを行うこと
×:今回の注文におまけを同梱すること

可能なこと

「次回送料無料クーポン」
「次回○○円割引クーポン」
「次回○○%割引クーポン」

等、今回の注文の値引きに該当せず、商品発送およびレビュー投稿の確認後に付与できるもの

つまり?

つまり、同梱するサービス(おまけ・送料無料など)は駄目だけど、レビューを書いたお礼として
別送するのはOKということ。
ただし、条件としてレビューの内容にかかわらず一律のサービスを実施すること だそうです。

これからのレビューサービス

さて、楽天は何をしようとしているのでしょうか?

レビューサービスの乱立によりレビュー合戦が過剰になりレビューが集まっている商品をユーザーが
購入する傾向になりレビューに対する信用度が落ちてきたというのが大きな理由でしょうか。

現在、楽天サーチのロジックも売上重視になってレビューや商品名のSEOも効き目が弱くなっています。

今回の施策で、レビューサービスをする店舗はぐっと減るでしょう。
そのリソースをポイントサービス、クーポンサービスに回す店舗が増えてきます。
→ 楽天も送料無料にされて売上マージンが減るよりもポイント、クーポンの利用をしてほしいというのが本音です(笑

これから出来るレビュー対策

レビューのおまけ 別送

レビューを書いた注文を抽出してCSVダウンロード できるようになっているのでこちらから
レビューを書いた人の配送伝票を作ることが可能になります。
それを利用してメール便などでおまけを配送する。

(注意点 みんなのレビュー規定より抜粋)
レビュー投稿を条件として特典を付与することをユーザに対して事前に告知する場合は、レビュー投稿確認のため、レビュー投稿時の同意画面にて「ショップへ注文番号を知らせる」にチェックしていただく必要がある旨を記載してください。

次回注文で使えるクーポン発行

これもレビューを書いた注文を抽出し、クーポンURL付きのテンプレートメールを定期的に送付。
リピーター向けには可能ですが、ユーザーのメリットはそれほどなく次の注文のクーポンを
もらって使用する人も少ないでしょう。

まとめ

レビュー対策は、作業効率・対費用効果が悪いものになります。
店舗の限られたリソースをどこに使うか レビュー以外にもたくさん出来ることはあります。
もう一度、商品・サービスを見直して本当に顧客を感動させることが出来るのであれば
自然とレビューは書いてもらえるのではないでしょうか。

コメントを残す