熊本 楽天サイト運営 ホームページ制作に関するブログ|クローバーグラフィック

Mac 便利ツール・スクリーンショット編

こんにちは。
昨夜、社の定期会???という楽しい会で、帰りが4時になってしまい、
嫁からライン31件という脅威的な件数で、
お叱り、ならびに恐怖に戦いておりますデザイナー梅田です。
さっ!気を取り直して。
早速本題ですが、

今回はMac PCに関してのちょっとした便利ツールをご紹介させて頂きたいと思います。

IMG_064

 

写真は、私の私物で、18歳~現在32歳まで、使用している歴代Mac3機です。
左から、MacBook PowerMacG4(ノート型)・PowerMacG4(desktop)・MacBook Pro(ノート型)。
こうして並べてみると、いろいろと、苦楽を共にしてきた思い出がつまっているMac達。感慨です。
でも、MacBook Pro以外は、ほぼ、現役引退しているMacですね……
PowerMacG4ノートは、HDがクラッシュしてしまい、それ以来、封印。
ちなみに、クラッシュした時、パソコンからギギギギっーーー!てすごい音なります。
HDが擦れてる音………聞いて、「ヤバい!」て思った瞬間、すべてがサヨナラでした。
HDデータ復旧、頑張りましたが駄目でした。。。

Macユーザーとして、早十四年。

今は、MacBook ProをメインPCとして使用しております。
デザイン制作・プログラム構築に関しても、
弊社では、基本的に、メインPCはウィンドウズですが、自分は、Macを使用しております。
なんといっても、処理速度や、ソフトの扱いやすさが主な理由です。
Windowsは、HPの表示確認やら、どうしてもデザインで使用する書体の関係上、必要な時以外はすべて、Macで制作をさせて頂いております。

前置きが、うんと長くなってしまいましたが、
自分がMacユーザーとして、これまで制作やその他作業で、このツールは便利!という
すべてのMacユーザーさんへ向けて、少しでもお役に立てればと思いますので、宜しくです。
Windowsユーザーの皆さん、すみません。。。
でも、いつか、Macを購入される場合もあるかと思いますので、ご購読頂ければと幸いです。

Mac PC便利ツール「スクリーンショット」

今回は、スクリーンショット(スクリーンキャプチャとも言います。)をMacでも簡単に行えるショートカットをご紹介致します。
とその前に、スクリーンショットとは
パソコンのモニタに映し出された画面情報、
もしくはその他の視覚出力デバイス上に表示されたものを、
全体または一部分を写した画像のことです。
要は、自分の保存しておきたい画面情報を、チャチャッ!!と、画像として保存できちゃうよー。ということです。

スクリーンショット活用例

どんな時に活用できるかというと、自分は専ら、参考になるデザインだったり、
あとは、サイトやツール登録の際、全情報を入力欄ごと一式で、スクリーンショットで保存して、
後々、ログインする際などに、その情報を使用しております。
ウィンドウズPCに関しても、プリントスクリーンという機能がありますが、
こちらは、自分の好きな部分や必要な部分のみだけを、画像化するという機能がないですよね。
画面全体をすべて画像化になってしまうので、画像サイズが大きくなるのと、
後々、画像にするために、ペースト処理が必要だったりと、少々扱いにくいですね……
追加ツールをインストールしてあげれば、ウィンドウズPCでも、
好きな部分必要な部分のみを、画像化処理できるかもしれませんが、

Macでは、標準装備で、ショートカットが設定されているので、カンタンです!

では、早速、解説させて頂きます。
まずは、スクリーンショットが実行できるショートカットのご紹介です。

キーボードの「コマンド(command)」+「シフト(shift)」+「4」(参照①)

この3つのボタンを同時押しで、通常マウスカーソルが、十字カーソルに変更になります。(参照②)
02

画面全体をすべてスクリーンショットしたい!

画面全体をすべて保存したい時は、十字カーソルにした状態で、
スペースキー+左クリックすると、カメラのシャッター音が鳴り、全画面をスクリーンショットできます。(参照③)
ここまでは、後々、画像化のペースト処理が必要となりますが、Windows PCでも出来る範囲ですね。
03

必要な画面情報部分のみ、スクリーンショットするよー!

次に、十字カーソルで、自分が好きな部分・必要な情報部分だけを、
クリック長押しのまま、四角の範囲内に入るように囲って(参照④)
クリックを離すと、カメラのシャッター音が鳴り、
デスクトップ上に、今、スクリーンショットを行った画像が、生成されます。
スクリーンショット(2014-09-17 19.39.20)

ファイル名・ファイル形式について

ファイル名は、「スクリーンショット(西暦-月-日 時間)」と
必ずスクリーンショットという日本語名が初期設定でされ、西暦以降はすべて数字で、
スクリーンショットを作成した時刻が自動的にファイル名がつきます。

ファイル形式は、png形式となりますので、データ自体は容量が小さく、
サクサク作っても、PCに影響が出てしまう容量になることはないと思います。
実際、私もじゃんじゃんスクリーンショットを使用して、画像自動生成後、
何の情報か分かるように、ファイル名を変えて保存しております。
スクリーンショット(2014-09-17 20.17.29)

以上、スクリーンショットに関して、
ご説明させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?
「コマンド(command)」+「シフト(shift)」+「4」(参照)
を指の間隔で覚え込んでしまえば、忘れることはありません♬
何かしら、便利な機能なので、是非、ご活用してみられてください。
 

▼コチラの画像をクリックしていただくと当社ホームページに簡単にアクセスしていただけます!

05

コメントを残す