SSL(https)設定

SSL

ウェブサイト常時SSL化

暗号化通信でセキュリティ対策

SSL(https)設定

ホームページの
常時SSL化(https)が
標準仕様です

SSLとは「Secure Sockets Layer」の略称です。ホームページを常時SSL化することで、悪意のある第三者からの攻撃により通信内容が盗まれるリスクを軽減します。SSL設定をしていない場合、ユーザーがお問い合わせフォームに入力した個人情報やクレジットカード番号が盗み取られる可能性があります。情報セキュリティーへの意識が企業の信用に直結する現代では、情報漏洩によるユーザーの被害はもちろん、企業の信用にも甚大なダメージを与えることになりかねません。

SSL化されているかは
一目で確認できます

閲覧しているホームページが、SSL化されているか、されていないかは一目で確認できます。SSL化されていれば、ブラウザのURL(アドレス)が表示されている部分に鍵のマークが表示され、アドレスの先頭が「https://」となります。情報セキュリティ意識の高まりと共に多くのホームページ制作会社では、常時SSL化は一般的なサービスとなっています。しかし、セキュリテイ意識が高まる前に制作されたホームページや、SSL化自体が第三者認証機関が発行する有料の証明書であるため、激安のホームページ制作サービスを利用した場合、SSL化されていない場合もあります。ブラウザによっては、SSL化されていないホームページを閲覧すると警告文が表示されます。悪意のない一般的なコーポレートサイトであってもユーザーは警告文が表示されるとホームページから離脱する傾向にあります。SSL対応をしていなかったために起きてしまう機会損失を防ぐためにもクローバーグラフィクでは常時SSL化を推進しています。

SSL設定は
SEO対策にも効果があります

検索結果の上位表示を狙うSEO対策。評価のポイントは、サイトの品質や訪問者数など様々ありますが、Googleなどの検索サービスは、セキュリティレベルも評価しており、SSL化も評価の加点に影響があると言われています。常時SSL化されているホームページは、Googleなどの検索エンジンから、ユーザーが安心して使える信頼のおけるWEBサイトであると評価されます。逆にSSL化されていないWEbサイトは、セキュリティ面での低評価と共に、表示される警告により発生するユーザーの即時離脱がさらなる低評価の要因を生み出すリスクがあります。