著作権フリーとロイヤリティフリーと商用可能

すべての記事 > ノウハウ > 著作権フリーとロイヤリティフリーと商用可能

著作権フリーとロイヤリティフリーと商用可能

熊本県のホームページ制作会社

インターネット上には無料とは思えないほど高品質な写真やイラスト素材を無料で配布しているサイトが多くあります。
様々なデザイン制作会社で同じサイトからダウンロードした素材を利用していることがあるため、ホームページや印刷物を見ているときに「このイラスト別のところでも見たな」という経験のある方は多いと思います。
そんな無料の素材サイトですが「フリー」や「商用可能」と記載されているからといって著作権を意識せずに使用していると知らず知らずのうちに権利を侵害していた、なんてことにもなりかねません。
そこで今回は、無料素材の利用規約で多く見かける「著作権フリー」や「ロイヤリティフリー」という言葉について紹介したいと思います。

著作権とは
著作権とは著作者の死後50年まで、プロアマ、年齢を問わず全ての人が自分の考えやアイデアで生み出した写真・イラスト・文章などを創作した際に自動的に発生する権利です。著作権があるため創作物を創作者に無許可で使用したり定められた規約外で利用してしまうと著作権の侵害(違反)となり罰則を受けることになります。

著作権フリー

通常、スマホで撮影した写真など、どのような創作物であれ創作された時点で著作権が発生します。そのため著作者が認知・許可していない場所で著作物を利用することは禁止されています。
しかし、著作者が自らの意思で著作権を放棄することで創作物は「著作権フリー」の状態となり創作者の許可なく第三者が利用できる創作物となり不特定多数のユーザーが利用する素材サイトでも配布できるようになります。
著作者の許可なしに使用できるようになった「著作権フリー」の状態の写真やイラストですが、多くの場合、素材として配布される際には素材サイトを運営・管理している会社が取り決めた「利用規約」という素材の使用方法に関する別のルールが適用されることになります。
つまり「著作権フリー」の素材であっても規約違反を犯すことで著作権とは別のペナルティを受ける可能性があるのです。
ついつい、パッと目についた「著作権フリー」という言葉だけを見て安心してしまうと規約違反を犯した使い方をしてしまう場合もあるので素材をダウンロードする際には必ず事前に利用規約を確認してください。
利用規約や規定を見ると、著作権は放棄していないけれどルールの中で自由に素材として使用してもOKという場合や特定のカテゴリーに属するホームページでの使用はNGなどもあったりと各サイトで様々な使用のルールがあるので利用規約は必ずチェックするようにしましょう。

ロイヤリティフリー

通常、著作権のある著作物を著作者以外が使用する際には「ロイヤリティ」という使用料金を著作者に支払う必要があります。
この「ロイヤリティ(使用料金)」のない著作物の状態を「ロイヤリティフリー」と呼び、基本的に著作権は、そのまま著作者が保持しています。
「ロイヤリティフリー」という言葉自体は無料の素材サイトよりも有料の画像・イラスト素材サイトで記載されていることが多く、素材使用の権利を購入した後は自由に何度も使用してOKという意味合いで使われています。無料素材のサイトでも著作権フリーの説明に記載した「著作権は放棄していないけれどルールの中で自由に素材として使用してもOK」という素材サイトで記載されていることがあります。

商用可能

「著作権フリー」や「ロイヤリティフリー」とは別に商業目的(写真やイラスト素材を使用した商品を販売するなど)での利用を禁止する創作物があり、商業目的での利用も認めた創作物が「商用可能」な素材になります。「商用可能」な素材であっても利用規約により一定の使用方法が禁止されている素材もあります。(写真をそのままポストカードにして販売するなど)

まとめ

写真やイラストに限らず動画や音楽などフリーの素材サイトは年々増えている印象です。
とても便利なサービスで気軽に利用できる分、ついつい直ぐにダウンロードボタンを押したくなってしまいますが、侵害するつもりがなくても著作権や利用規約に違反した際に発生する罰則は大きなものです。
気持ちよく制作に取り組むために利用規約をしっかり確認して利用していきましょう!(自戒の念も込めて)

© 2015 CLOVER GRAPHIC Inc.

電話電話をかける

メールメールを送る