アクセス解析ツールで調査できること|BLOG

BLOG

アクセス解析ツールで調査できること

クローバーグラフィックではホームページの運用をサポートするアクセス解析ツールの導入をオプションでご用意しています。今回は、アクセス解析ツールで調査できることの一部を紹介したいと思います。
オプションで設置しているアクセス解析ツールは「Google Search Console」と「Google アナリティクス」です。
アクセス解析ツールは公開した後でも設置することができるので、現在の状況を把握しながらホームページの運営をはじめたいお客様にオススメです。

検索に関する情報が分かる

Googleなどの検索サービスが利用された際に何回ホームページが検索結果に表示されたか、検索結果に表示される検索キーワードは、そのキーワードで検索が発生した際に何番目に表示されているかなど様々な情報が分かります。
検索に関する情報を知ることで思いもよらないキーワードで検索に表示されていることが把握できたり、予測していなかったキーワードの検索ボリュームが多いことを知ることができ運営しているホームページの強化するべきポイントや新たに追加するべきコンテンツを知ることができます。
表示回数や検索順位の変化はグラフで表示されるので、ウェブの知識や専門用語やわからない方でも簡単に把握することができます。

インデックス登録済かが分かる

ホームページは一定期間が経過すれば検索結果に徐々に表示(インデックス)されるようになります。しかし、稀に検索結果に登録されないページが発生することがあります。そのようなページがないかを調査して、インデックスされていない原因を調べることができます。
また、新しく追加したページのインデックスリクエストを送ることもできるので、自然にインデックスされるのを待つよりも早くページをインデックスすることができます。

エラーがないかが分かる

ページ内にエラーがあったり、低品質のページがあると検索結果の表示順位の低下に繋がります。
アクセス解析ツールを導入することでエラーページがないかを調べると共にページの改善点を迅速に知ることができるようになります。

リアルタイムの情報が分かる

リアルタイムに、現在どのページを何人のユーザーが閲覧しているかを調査することができるようになります。
最終的にまとめられた情報からアクセスの多い曜日や時間を把握し、その時間帯を狙って広告を出稿するなどの戦略を立てることができます。

アクセスルートが分かる

GoogleやYahoo!をはじめとした検索結果をはじめ、ホームページへのアクセス元はSNSやWEB広告などのリンク、直接URLを入力するなど様々な方法があります。
アクセス解析ツールを導入することでユーザーが何を使用してホームページにアクセスしてきたのかを把握することができます。

ユーザーの動きが分かる

ユーザーが入ったページから離脱したページまでに辿ったページとページ数を調査することができます。
取得した情報から思いもよらない人気コンテンツが発見できたり、離脱数の多いページを調査することでホームページの改善点を把握することができます。

ユーザー属性が分かる

アクセス解析ツールを導入することで、訪れたユーザーが初めての閲覧かリピーターか、アクセスしたデバイスはスマートフォンかタブレットかパソコンかなどを調べることができます。

目標達成状況が分かる

コーポレートサイトであればメールや電話でのお問い合わせ、ネットショップでは商品の購入などホームページによって発生して欲しい目標があります。
アクセス解析ツールを導入することで設定した目標が何件達成されたか、または達成目前で離脱したと予想できるユーザーの行動を調査できます。
離脱した原因を把握することでホームページの改善ポイントが明確に把握できるようになっていきます。

まとめ

サーチコンソールのデバイス別 検索結果の表示数
サーチコンソールのデバイス別 検索結果の表示数

上記の画像は、クローバーグラフィックのサーチコンソールで表示される、デバイス別に分けられた検索結果の表示回数です。
モバイルファースト(スマートフォンでの見やすさを優先)という言葉もあるほど、現在、ホームページの閲覧機器の70%以上がスマートフォンからとされていますが、弊社のサーチコンソール上ではパソコンでの検索数がスマートフォンの3倍以上の結果となっています。
例えば、この情報があることで

①スマートフォンユーザーは検索エンジンを使用していない=SNSや他の流入経路が大半。
②ホームページの制作会社を探す場合はパソコンで調べている方が多い。

などと、数値を見て予測することができます。
このように、様々な予測と改善ができるアクセス解析ツールはホームページ運営をはじめる方にぜひ活用して欲しいツールのひとつです。

© 2015 CLOVER GRAPHIC Inc.

お問い合わせ-メール電話をかける

お問い合わせ-電話メールを送る