SEO対策の基礎とNGポイント|BLOG

BLOG

SEO対策の基礎とNGポイント

今回はSEO対策の基礎についてご紹介したいと思います。
また、依頼する制作会社やSEOの外注先が正しくSEO対策を行っているか、間違ったSEO対策を行っていないかを確認するポイントをご紹介したいと思います。

SEO対策とは

SEO対策はGoogleやYahoo!などで検索した際に検索結果(オーガニック検索)で上位に表示されるために行います。
上位に表示されるページは多くのアクセスを集めることができるので、結果的に認知の機会やお問い合わせ数、商品購入数の増加に繋がる可能性が高まります。
表示の順番は検索エンジンが公表しているガイドラインを基に高品質とされたホームページから表示されていきますが、この基準には、ホームページ本体の品質以外にもアクセス数や被リンク数など外部要素も含まれているので、制作方法は基準に基づいていても必ず上位表示されるという訳ではありません。
SEOという呼び方は「Search Engine Optimization」の頭文字で日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれています。
最適化するとは「検索アルゴリズム」とも呼ばれる検索エンジンのガイドラインに基づいて制作・運営するという意味です。
このガイドラインは定期的に変更されることがあるので、時に大きな表示順位の入れ替えが起こることがあります。

Google 一般的なガイドライン

オーガニック検索について

WEB広告部分を除いた検索結果を「オーガニック検索」と呼びます。
WEB広告には上位表示が難しい際に広告費をかけて表示させる目的があります。
SEO対策を行い「オーガニック検索」で上位表示させることは、有料の広告で上位表示されている情報と近いポジションを無料で獲得できているという見方もできます。

近年の傾向

近年のSEOガイドラインのコンセプトは、ユーザーにとって質の高いコンテンツを提供することです。
当たり前に聞こえるかもしれませんが、少し前までテキスト量とSEOが関連づけられていた為、無理矢理テキストが詰め込まれた読みづらい文章や背景色と同化させたテキストなど出鱈目なデザインを行うSEO対策が一般的だった時代がありました。
現在でもコンテンツ数や文字数など「量」が評価の対象にはなってはいますが、合わせて、読みやすい文章、構成、文字サイズなどユーザー視点でのデザインの評価軸が同時に必要となっています。

SEO対策の基礎

検索結果に上位表示されているページは「検索語句(ユーザーの目的)」への回答が掲載されていると検索エンジンが評価したページになります。
はじめてSEO対策を行う際は検索エンジンが何を評価しているのかを調べる事からはじめることをおすすめします。

キーワード調査

SEOの基礎として紹介されることの多い「キーワード」。
下記の項目をチェックしたり、競合サイトと比較してみることでキーワードの改善点が見えてくる事があります。

  • 検索キーワード・サジェストの調査
  • ユーザーへの回答が掲載されているか
  • 回答の内容・質を競合サイトと比較
  • ページ内で回答が埋もれていないか確認

最初に「Googleトレンド」や「Googleキーワードプランナー」を使用してターゲットとするユーザーが検索している検索語句をチェックします。
検索語句はユーザーの目的です。検索語句に対する答えがホームページに掲載されているかチェックします。
キーワードに対する回答がホームページ内に掲載されていない場合は、コンテンツやページを追加します。
次に対策中のキーワードでGoogleで検索を行い上位に表示されているページとキーワードに対する回答の量と質を比較します。
自社のサイトの情報が足りないと感じた場合は情報を追加・修正してください。
最後に修正した情報がページ内で埋もれていないかチェックします。
情報を詳しく掲載していても、その他の情報が何倍も多いと「検索語句」に対する回答としての濃度は下がってしまいます。
検索ボリュームが多いキーワードでの修正であれば、専用のページを新規作成してみても効果的です。

レスポンシブデザインは必須

レスポンシブデザインとは閲覧環境によって表示されるデザインが変化するホームページです。
レスポンシブデザインだと、スマートフォン・タブレット・パソコンなど画面のサイズに合わせて、文字やボタンのサイズや位置をユーザーが見やすく使いやすいように変化します。
逆に対応していないと特定のデバイス以外で閲覧したときに見づらい使いづらいホームページになるため、ホームページが総合的に検索エンジンから低評価を受けることになります。
現在でも制作料金を抑えるプランとして、スマートフォン対応のみ、パソコン対応のみの激安プランを提供している制作会社がありますが、クローバーグラフィックではあまりオススメしていません。

キーワード調査について

SEOとホームページ内のテキストは大きく関連しています。
下記ではSEO対策で多く耳にするキーワードに関する言葉を紹介しています。

表現の統一化

同じ意味でもホームページ内に使用している表現がバラバラだとSEOの効果が薄れると言われています。(例)「ホームページ制作」と「ウェブサイト作成」という表現がある場合は片方の表現に絞る。
複数の表現がある場合、一般的に検索で使用されている数が多い方を選びます。 そのためにキーワードごとの検索数を比較できる「Googleトレンド」を利用して表現の統一化を行います。

Google トレンド

ビックワードとスモールワード

SEO対策には「スモールワード」まで意識したキーワード設定が必須です。

「ビックワード」検索は検索対象が広い分、競合サイトとなる対象が多い。
(例)「熊本県 カフェ」
「スモールワード」検索は検索対象が狭い分、競合サイトとなる対象が少ない。
(例)「南阿蘇村 和風カフェ」

スモールワードで検索するユーザーの方が目的が明確のため、アクセス後にお問い合わせや購入など行動を起こす可能性が高くなります。最初にキーワード設定を行う際に「スモールワード」検索を行うユーザーを想像してキーワードを設定することが目標の達成には大切になります。

正しいHTML構造

ホームページはHTMLというプログラミング言語に似たマークアップ言語で基礎が構成されています。
このHTMLの記法にはルールがあり、画面に表示されているデザインは同じでも、正しくないHTMLでマークアップされたホームページは記載されているテキスト情報のSEO効果を最大限に活かすことができていません。
下記は最低限、正しく設定を行うhtmlです。

title

ページのタイトルで検索結果に一番大きく表示されるテキストです。
ページ内の情報を少ない文字数で端的に表した言葉がオススメです。

description

ページの紹介文で検索結果のタイトルの下に表示されるページの説明文。
検索結果のtitleとdescriptionでユーザーのアクセスを促します。

h1・h2・h3

ページ内の各コンテンツの見出しです。
評価される構成は「見出し+見出しの内容」→「見出し+見出しの内容」→・・・となっていることです。

alt属性

画像の説明文。
画像が読み込まれなかった場合に表示されたり、目の不自由な方が読み上げを利用する際に読まれます。

マイナス評価にならない為のチェックポイント

先述したキーワードを無理やり詰め込んだホームページのように現代ではNGとされているSEO対策があります。
ここでは、マイナス評価につながる行為とSEO会社や制作会社に依頼する前にチェックしておきたいポイントを紹介します。

品質の低い被リンク

被リンクとは外部サイトに貼られた自社サイトへのリンクのことです。
被リンクは他社のサイトや個人のブログで紹介したいサイトとして貼られることが多いので検索エンジンにも「被リンクが多い=高品質のページ」という評価基準があります。
しかし、リンクのみが並んでいるようなサイトからの被リンクや関連性がなさすぎるページからの被リンクが大量に集中すると逆にSEOの評価を下げる要因になります。

別サイトからのコピー&ペースト

別のホームページのテキスト情報をコピーして使用していても、コピーコンテンツとして検索エンジンに認識され評価を下げる要因になります。

依頼先のチェック方法

複数の依頼先で迷っている場合、その会社のホームページを下記のサイトで調査してみても参考になるかもしれません。

Google公式の調査ツール
1. Test My Site
2. page speed insights
3. Lighthouse(Google Chrome 拡張機能)

その他の調査ツール
1. Ubersuggest
2. QUWASY

まとめ

正しい方法であっても、SEO対策は今日行って明日、成果が出るようなものではありません。
定期的に文章やデザインをチェックしたり、アクセス解析を行って少しずつでもホームページを改善していくことが大切になります。

© 2015 CLOVER GRAPHIC Inc.

お問い合わせ-メール電話をかける

お問い合わせ-電話メールを送る