オンラインショップサイト作成のご紹介|BLOG

BLOG

オンラインショップサイト作成のご紹介

新型コロナウイルス感染拡大防止対策による外出自粛の影響もありネット通販の需要が増加傾向にあります。
クローバーグラフィックにも小売店や農家さんなどからネット通販を始めたいとのご相談を受ける機会が増えているので今回はオンラインショップをこれから始めようと検討している方へ、ネット通販サイトを制作する際に利用することの多い STORES・BASE・EC-CUBE・楽天・Yahoo! の特徴をご紹介したいと思います。

EC・ネットショップ利用者は上昇傾向

通販需要の多グラフ

はじめてのオンラインショップ運営なら「STORES」or「BASE」

STORES BASE

ネットショップ作成のASPサービスとしてショップ開設数を伸ばし続けているのがSTORESとBASEです。
ネット広告やTVCMが放送されていたこともあり知名度もある2サービスですが、クローバーグラフィックにもSTORESとBASEを利用することを前提にオンラインショップのご相談を頂く機会が年々増えてきています。無料で開設でき機能も充実している上に公開までのスピード感はかなり魅力的です。
反面、ネットショップ機能に特化したサービスであるため、STORESやBASE内でSEO対策を行っても検索結果の表示順位に影響がでにくいというデメリットもあります。GoogleやYahoo!の検索からユーザー獲得を狙うための対策としては、STORESやBASEで作成したショップとは別にコーポレートサイトやコンテンツサイトなどのウェブサイトを作成することをオススメしています。商品のPRをウェブサイトに、商品の販売をSTORESやBASEと分担することで戦略的なユーザー獲得企画と販売促進を行うことができます。
サービスの改善・追加も定期的に行われているので、今後もトレンドや需要に合った機能の追加に期待ができます。

ASPとは

ASP(Application Service Provider)とは、ダウンロード型のサービスとは違いインターネット上に公開されているアプリケーションにアクセスして利用するサービスです。WEBの知識が少なくても利用しやすい構成になっています。情報セキュリティが重要な現代において自動でセキュリティがアップデートされることの多いASPは初めてWEBを活用したサービスをはじめる方には最適だと思います。

拡張性・オリジナル度を求めるなら「EC-CUBE」

EC-CUBE

EC CUBEも無料でオンラインショップ運営を始めることのできるオンラインショップ作成サービスです。オープンソースとして国内最大の利用数があります。STORESやBASEがテンプレートを利用して初心者にもオンラインショップを構築できるサービだとすると、EC-CUBEは知識さえあれば自由にカスタマイズできる拡張性が魅力です。
自由にデザインの組み立てができる上に、システム構築の知識があればオリジナルの機能を追加することもできます。通常のコーポレートサイトやコンテンツサイトとしてのページも作成できるのでマルチな役割を持つサイトが構築可能です。デメリットは、自由度が高い分、開発から公開までの期間が長くなるケースが多い部分になります。

オープンソースとは

システムのソースコードを無料で使用できる状態にし、誰でも自由に修正・再配布ができるようにしたソフトウェアのことです。

巨大モールのユーザーを顧客に「楽天」or「Yahoo!」

楽天 Yahoo!

巨大なオンラインショップモールを利用するメリットは充実の機能と既存のモールの利用者を自社ショップのユーザーとして取り込めるところです。オンラインショップに限らず、ウェブサイトを成功させる最低限の条件は閲覧されることです。STORES・BASE・EC-CUBEでオンラインショップ運営を行う際にSEO対策を行うことが必須なことに対し楽天やYahoo!の場合はモールの検索や紹介としてアクセスを集めることが可能になります。その分、利用料や手数料などコストが高くなりがちなのがデメリットです。

まとめ

クローバーグラフィックでは今回紹介したオンラインショップ作成サービス以外にも「カラーミーショップ」や「Make Shop」でのネットショップ作成も行っています。オンラインショップ作成のご相談はお気軽にお問い合わせください。WEBとPRの知識を活かしてお客様のお店をサポート致します。

© 2015 CLOVER GRAPHIC Inc.

お問い合わせ-メール電話をかける

お問い合わせ-電話メールを送る