ECサイトにおける商品ランキングの役割|BLOG

BLOG

ECサイトにおける商品ランキングの役割

近年では、Yahoo!ショッピングや楽天市場などの巨大ネットモールへの出店から、STORESやBASEなど豊富な機能が実装できるECサイトを無料で制作できるサービスの登場により簡単にECサイトを立ち上げることができるようになりました。
法人・個人問わず様々な商品を取り扱うECサイトが公開されている現代ですが今回はネット通販サイトで見かける商品ランキングの役割についてご紹介したいと思います。

売れている商品が一層売れる? バンドワゴン効果

インターネットに限らずランキングの上位にある商品を無意識に良い商品だと思い込んで購入または詳細を調べたことのある方は少なくないと思います。
この「ランキング上位=人気=良い商品」という先入観の連鎖がきっかけで、売れ筋ランキング上位の商品が、より売り上げを伸ばしていくことがあります。
このことは「バンドワゴン効果」と呼ばれ、マーケティングなど戦略的な企画を行う際にも活用されています。

バンドワゴン効果とは

多数の選択肢の中で多く選ばれているものが、これから選択者する人の選択動機となり選ばれていくこと。多く選ばれているものが一層その数を伸ばしていく現象。心理的にも多く人に選ばれているものは安心感を与えることが出来ます。対義語は「アンダードッグ効果」といいます。

あと一押し!のユーザーにランキングで購入を促す

ネット通販のメリットでもある商品の多さは、時として(私のような)優柔不断な人にとって選びきれず即決できないというデメリットにもなりえます。
さらに、インターネットでの商品選びは実際に手に取れない分、より商品を比較する目が厳しくなる傾向になるとも言われているので「あと一押しの何か」が欲しくなる機会は増えます。
そんなユーザーの「あと一押し」になる存在が「ランキング」です。
ランキングを設置することで、ユーザーの購入を促せると共に、人気商品をつくることで発生する「バンドワゴン効果」の発生により仕入れる商品の数も計算しやすくなります。
最近のECシステムのサービスにはデフォルトで「商品ランキング」の機能が付いているものも多いので、是非ECサイトを運営している方、これから運営予定の方はランキング機能をご活用ください。

© 2015 CLOVER GRAPHIC Inc.

お問い合わせ-メール電話をかける

お問い合わせ-電話メールを送る