MEO対策は今日からできる実店舗集客の方法|BLOG

BLOG

MEO対策は今日からできる実店舗集客の方法

新型コロナウイルスの影響による外出自粛期間中、売り上げ減少に悩む多くの飲食店がお弁当の販売をはじめているというニュースを耳にしました。
しかし、新しいサービスは認知されるまでに時間がかかる上に今回のような場合、広告費をかけらない状況のお店があることも予想されます。
そこで今回は、無料で今日からでもはじめることができ、コロナの影響が落ち着いた後でも実店舗への集客が期待できるMEO対策についてご紹介したいと思います。

MEO対策とは

MEOとは Map Engine Optimization の略称で日本語では「Gooleマップ最適化」と呼ばれています。
Gooleマップ最適化と紹介されることの多いMEO対策ですが、呼び方のみを聞いてもイメージがすぐに頭に浮かばない方も多いと思います。
MEO対策については下記ような検索結果のイメージ画像を見ると捉えやすいかもしれません。

MEO対策

赤枠で囲っている部分には検索した場所と目的に関連した地図とお店が表示されています。
MEO対策は、このスペースに表示されるための取組みです。
このスペースはホームページの検索結果よりも上部に表示されるため、ユーザーの目に触れる機会も多く、実店舗集客を目的とする場合のMEO対策の重要性が分かります。

MEO対策を始める

MEO対策を始める方法は「Googleマイビジネス」に店舗情報を登録することです。

Googleマイビジネスとは

GoogleマイビジネスはGoogleが提供しているビジネスオーナー向けのサービスです
Googleアカウントをもっていれば誰でも無料で作成することができます。
Googleマイビジネスでは店舗の住所や電話番号、営業時間・定休日・写真・紹介文など様々な情報を登録することができ、登録した情報は検索結果やGoogleマップ上に表示されるようになります。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスの運用

MEO対策はGoogleマイビジネスページを作成することではじめることができます。
その後はSEO対策と同じく定期的な情報の発信・写真のアップロードを行い充実したコンテンツづくりが必要になります。
その理由は検索結果に表示される店舗情報の数に上限があるためです。
競合店がマイビジネスページを作成している場合、Googleは充実した情報のページを優先して表示し、逆に情報の少ないページは表示の機会が減っていきます。
ユーザーの目に触れる機会を増やし来店に繋げるためにも、マイビジネスページの定期的な更新を行い、コンテンツを充実させることがMEO対策を活用した来店を成功させるための鍵と言えます。

MEO対策のメリット

無料で情報発信できる

マイビジネスページを作成することで店舗情報の発信や写真の公開をはじめ、お問い合わせを受け付ける機能を無料で使用することができるようになります。

Googleマップに店名表示

Googleマイビジネスページで住所・地図を登録することで、オープンしたばかりのお店でも短期間でGoogleマップに表示されるようになります。

口コミが来店を後押ししてくれる

投稿の機能があるので良い口コミがユーザーの来店を後押ししてくれます。

MEO対策のデメリット

マイナスイメージに繋がるユーザー投稿

Googleマイビジネスページに投稿されたコメントは管理者が自由に削除することができません。
そのため、一度投稿されたマイナス評価のコメントは残り続けます。
ユーザーの評価はメリットにもなりますが逆の効果を発生させる可能性もあります。

まとめ

年々、店舗のGoogleマイビジネスページの作成が一般化しているように感じます。
ホームページやSNSもそうですが公式に情報を発信する場所を持っている店舗はユーザーの信頼を獲得しやすい傾向があります。
Googleマイビジネスへの登録は今日にでも無料でできるので、ビジネスオーナーの方は、ぜひ集客方法のひとつとしてGoogleマイビジネスを活用してください。

MEO対策(Googleマイビジネス登録)に興味のある方はオフィシャルのガイドラインを確認することをオススメします。
Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン

© 2015 CLOVER GRAPHIC Inc.

お問い合わせ-メール電話をかける

お問い合わせ-電話メールを送る